スポーツジムで何気なく参加したレッスンを機に沖縄ダイビングに魅せられました

私はこれまで、いわゆる女性ウケのしないことを趣味としてきました。まぁ、一言で言えばギャンブルが大好きだったのです。平日はパチンコやスロットに興じ、土日は競馬に没頭していました。当然、そのような生活ですからお金は貯まりませんし、女性にも一切もてませんでした。そもそも出会いが無いのですが。

しかし、あることがきっかけでこれまでの趣味は一切廃し、代わりに非常に女性ウケの良いことを趣味とするようになったのです。その女性ウケの良い趣味とは、ダイビングです。あの海の中を酸素ボンベを付けて潜るアレです。

実は私は体力の低下を防ぐため、何となくですがスポーツジムの会員になっていました。もっとも前述のような生活を送っていたため、会員と言っても通うのはせいぜい月に数度。ハッキリ言ってお金の無駄ですよね。

しかしそんなある日のこと、あまりにもギャンブルで負けまくったためお金が無くなってしまい、暇を持て余してスポーツジムへと足しげく通うことになりました。そこでダラダラと運動をしていたのですが、何気なく目に入ったポスターに心が動きました。それこそが、私とダイビングとの出会いなのです。

そのポスターには、ダイビングライセンス取得のための短期レッスンとありました。これといった資格の無かった私は、せめて趣味の世界ででも資格が取れないかと思いました。そして思い切ってそのレッスンに申し込むと、ダイビングライセンス取得のために奔走することになるのです。

当初は何となく参加したレッスンですが、これが実に面白かったですね。スポーツジムのレッスンなので潜るのは専らプールだったのですが、インストラクターの先生が「沖縄の海は素晴らしいですから、ここでライセンスを取得したらみんなで行きましょう」と鼓舞をしてくれたので、見える風景が沖縄の風景になっていましたね。

そして無事にライセンスを取得すると、あの時に先生の言っていた沖縄へ行ってみたくなったのです。しかし旅費が無いので、ギャンブルは一旦中止をして旅行資金を貯めることに。こうして半年ほどギャンブルと疎遠な生活を送り、まとまったお金を作るとすぐに沖縄へと行きました。

こうして念願の沖縄ダイビングに参加することになったのですが、その景色の素晴らしい事と言ったらありません。文字で表現するには難しすぎるのですが、あれほどまでにギャンブルに狂っていた私が一切足を洗い、沖縄ダイビングのためだけにお金を貯めるようになったと言えば少しは素晴らしさを感じていただけるのではないかなと思います。

それ以来ダイビングが趣味となった私は、女性との会話でもそれを得意気に話します。そして大抵はウケが良く、その場が和むんですよね。本当に良い趣味だと思います。